ハーレーのツインカムエンジンとベストなどファッション性

ベストバイク ハーレーダビッドソン

ハーレーのツインカムエンジンとベストなどファッション性

ツインカムエンジン

ハーレーダビッドソンの魅力は強烈なトルクと加速感に優れた乗り味に加えてファッション性の高さにあります。バイクの形状に様々なカスタムを加えて自分好みの形を作り出すだけでなく、ベストや革ジャンなどバイクに合わせたファッションを楽しむことができます。

ハーレーダビッドソンの多くのバイクに搭載されているエンジンは空冷2気筒V型OHVです。バイクのエンジンには気筒数の違いにより単気筒や2気筒などが存在します。排気量が同じ場合に気筒数が少ないほど大きなピストンとロングストロークになります。ピストンが大きくストロークが長いと回転数の上昇させるのは難しくなりますが、強烈なトルクを発生させることができます。トルクとはエンジンが1回爆発したときに発生する力のことです。ハーレーダビッドソンは700㏄を超える2気筒エンジンが大きなトルクを発生させるため、加速感に優れています。

一般的にツインカムエンジンとはDOHCを搭載したエンジンを指します。DOHCとはダブルオーバーヘッドカムシャフトの略称で排気バルブと吸気バルブを駆動するカムシャフトが2つエンジン上部に存在します。一方ハーレーダビッドソンではOHVエンジンに2つのカムシャフトを搭載した独自のエンジンを、ツインカムと呼んでいます。

OHVはオーバーヘッドバルブの略称です。エンジン上部にバルブがあり、カムシャフトは側面に位置します。OHVはバルブを駆動するシステムとしてはDOHCより古い技術ですが、同社のバイクは独自の進化を遂げ他社とは違う乗り味を持ちます。ファッション性の高さと独特な乗り味が同社のバイクの大きな魅力です。