ハーレーの特徴的な構造、ベストバイクへの秘訣

ベストバイク ハーレーダビッドソン

ハーレーの特徴的な構造、ベストバイクへの秘訣

ベストバイク

世界中のバイク乗りにその名を轟かせ、バイク乗りでなくとも名前ぐらいなら知っているほど幅広く認知されているベストバイク、それがキング・オブ・モーターサイクルことハーレーダビッドソンです。ベストバイクとして多くのバイク乗りの人気を勝ち取った秘訣は、独創的な外観と他にはない鼓動感を排出するV型ツインエンジンの搭載とプライマリーケース内でチェインからベルトへと変換することで後輪へクランク運動を伝えるという仕組みのベルトドライブによる駆動です。

この2つの構造はハーレーダビッドソンの象徴とも言われ、その構造が初めて組み込まれたのは約100年以上も昔の世界大戦中の頃でした。アメリカ中西部にあるウィスコンシン州ミルウォーキーにて住んでいた3人の自転車狂の青年が、戦時中という満足に物がない厳しい状況の中でもめげず、記念すべき第1号のプロトタイプのバイクを完成させます。

その完成を大きな転機として3人の青年であるアーサー・ダビットソンとウォルター・ダビッドソン兄弟、ウィリアム・S・ハーレーはダビッドソン家の長男ウィリアム・Aを仲間に加えることでモーターサイクルカンパニーを設立し、2年後の1909年にプロトタイプの改良型を産み出します。

このプロトタイプの改良型に初めてV型ツインエンジンの搭載とベルトドライブの駆動が登場し、やがて、100年の歴史を刻むことで多くのバイク乗りを虜にするベストバイクへと成長していくのです。