ローライダーも愛するベストバイク、ハーレーの成り立ち

ベストバイク ハーレーダビッドソン

ローライダーも愛するベストバイク、ハーレーの成り立ち

ローライダー

バイクに興味を持たない人でもその名を知っていると言われるぐらい世界中の人々に認知され、ローライダーを含むたくさんのバイク乗りに愛されているベストバイクの名が、キング・オブ・モーターサイクルとも呼ばれるハーレーダビッドソンです。そのベストバイクが初めて完成したのは、今から100年以上も遡る1907年の世界大戦中の時でした。戦時中で厳しい環境の中にあったアメリカ中西部ウィスコンシン州のミルウォーキーという都市で、ハーレーダビッドソンの記念すべき第1号は産み落とされ、長い歴史の幕を開けます。

その開発者はウォルター・ダビッドソンとその弟であるアーサー・ダビットソン、そしてウィリアム・S・ハーレーという3人の若い自転車狂の青年たちでした。物資の不足からトマトの缶といった日用品の使い回しを利用した手作り感があふれるプロトタイプの第1号でしたが、この第1号が3人の転換点をもたらします。

3人は新たにダビッドソン家の長男ウィリアム・Aを仲間に引き入れることでモーターサイクルカンパニーの設立を決意し、本格的な開発に取り掛かっていくのです。

その2年後に、4人は100年以上もハーレーダビットソンが親しまれることになった代名詞部分であるV型ツインエンジンとベルトドライブによる駆動を早くも導入し、注目を浴びるようになっていきます。そうして出来上がった基盤が、ローライダーにも愛されるベストバイクへと進化していくのです。