100年以上もの歴史を誇るベストバイク、ハーレー

ベストバイク ハーレーダビッドソン

100年以上の歴史を誇るハーレー

歴史

キング・オブ・モーターサイクルという名で世界中にその名を知らしめ100年以上もの歴史を誇るベストバイク、それがハーレーダビッドソンです。そんなベストバイクを誕生させたのはアメリカ中西部ウィスコンシン州の都市ミルウォーキーに住んでいた、わずか4人の若者達でした。

その当時1903年はちょうど世界大戦中という非常に厳しい時代だったにも関わらず、ウィリアム・S・ハーレーとアーサー・ダビッドソンの2人はそんな荒波にも負けずに身近な日用品をかき集め、自転車用バイクエンジンの開発に身を乗り出していきます。アーサーの兄であるウォルター・ダビッドソンもそれに加わり、トマトの空き缶などを上手に使用することで手作り感あふれる一台を産み出すことに成功します。

これが記念すべき100年以上もの歴史を築きあげるバイクの第1号となります。これがきっかけでその後、ダビッドソン家の長男ウィリアム・Aを仲間に加えた4人は1907年に株式会社を設立し、小さな納屋からモーターサイクルカンパニーを始めていきます。

そして、設立後すぐにハーレーの象徴ともいえるVツインエンジンを完成させ、さらに1909年に5Dという名のエンジンを組み込み当時は異色であったベルドライブ駆動を導入することで、改良型のVツインエンジンを産み出します。ここで、現代のハーレーの原型が一通り揃い、100年以上もの間多くのバイク好きに愛されるベストバイクとなっていきます。

軍用車両だったハーレー

軍用車両

ハーレーダビットソンことキング・オブ・モーターサイクルは、世界中のバイク乗りが愛するベストバイクとしてその名を知らしめているバイクです。その特徴は独自が外観と鼓動感が出ているV型ツインエンジンと、ベルトドライブと呼ばれるクランク運動をプライマリーケース内でチェインからベルトへと変換し、それを後輪へと伝えるという他のバイクではあまり用いられていない駆動です。

これらの原型が出来上がったのは、約100年以上も以前のことです。作り上げたのはアメリカ中西部にあるウィスコンシン州ミルウォーキーで暮らしていた、小学校の頃から仲良しで自転車好きであったウィリアム・S・ハーレーとアーサー・ダビットソン、そしてアーサーの兄であるウォルター・ダビッドソンの3人の青年たちでした。戦時中で苦しい生活状況にあったにも関わらず、彼らは日用品などを上手に利用することで1907年に初めてプロトタイプ第一号を完成させ、そして、その完成を転機にダビッドソン家の長男ウィリアム・Aを仲間に加えてモーターサイクルカンパニーを小さな納屋から始めて行きます。

100年以上もの時を刻むことになるキング・オブ・モーターサイクルことハーレーダビットソンの歴史はこうして幕を開け、日本では1912年に軍用車両として陸軍に輸入されていきます。サイドカーとして軍用車両に用いられ、長い年月をかけて現在ではたくさんのバイク乗りに愛されるベストバイクとして親しまれていくようになります。