ブラックのサスペンションに交換調整も悪くない!ハーレーユーザーのカスタマイズ

ベストバイク ハーレーダビッドソン

ブラックのサスペンションに交換調整

サスペンション

ハーレーオーナーやハーレーファンにとってはサスペンション交換も楽しみの一つといえるでしょう。
専門雑誌やブログなどを参考にしてサスペンションの交換や調整に挑戦してみるのも良いかもしれません。

サスペンションとは、ハーレーにとっても重要な装置であることはいうまでもありません。乗り心地を左右することはもとより、ライダーにとって最も大切な操縦性にも影響を及ぼします。サスペンションの中でもブラックが人気を集めるのは、ハーレーの印象にマッチしているからではないでしょうか?
サスペンション独特の光沢がライダーの心をワクワクさせてくれます。

ハーレーにとっても重要なサスペンションですが、その構造は意外にも単純。基本的に内部はバネとダンパーだけでできていますので、素人でも調整や交換は可能です。カスタムが好きなハーレーユーザーの中には、サスペンションをカスタマイズする人も少なくありません。

「車高を低くして走りたい」という理由でサスペンションを選ぶケースも多くあります。
しかしながら、あまりにも低くし過ぎることで安全性が損なわれる恐れも生じてきます。そういう意味では、ライダーの身体にマッチするサスペンション選びが大切です。

ハーレーのサスペンションにも車種別専用設計のローダウン用など複数の種類がありますので、ライダーにとっては、その選択に迷うこともあります。安全性や機能性の良さもさることながら、ルックスも気になるところです。