ハーレーをベストバイクへと変えた特徴、ツインエンジン

ベストバイク ハーレーダビッドソン

ハーレーをベストバイクへと変えた特徴、ツインエンジン

ツインエンジン

キング・オブ・モーターサイクルとして世界中に認知され、多くのバイク乗りに親しまれているベストバイクの名がハーレーダビットソンです。その親しまれている最大の特徴が、V型ツインエンジンとベルトドライブ駆動という二つの要素です。

これらは独特な鼓動感と他にはない外観を彩り、通常のバイクは自転車のようなチェーンが圧倒的に多いのにこれは違うという異端感によって、世界中のバイク乗りの心を鷲掴みにしました。この特徴的な要素が形成されたのは今から100年以上も前のこと、ハーレーダビットソンのプロトタイプ完成後のことでした。プロトタイプを開発したのは、アメリカ中西部にあるウィスコンシン州ミルウォーキーにて世界大戦中の厳しい環境の中でも必死に生きる自転車狂の若者3人でした。ウィリアム・S・ハーレーとアーサー・ダビットソン、その兄であるウォルター・ダビッドソンの3人の手によって、記念すべき第1号が産み落とされます。

貧しい環境による日用品の使いまわしで手作り感あふれるプロトタイプ第1号ではありましたが、これを期にダビッドソン家の長男ウィリアム・Aを加えることで4人は1907年にモーターサイクルカンパニーを設立し、1909年に新たな改良型を開発します。

この1909年に完成した改良型でハーレダビットソンの特徴であるV型ツインエンジンとベルトドライブ駆動の基礎が導入され、100年以上もの歴史を刻むベストバイクになっていきます。